集合住宅

投資物件としてアパートを活用!ニーズも見極めチョイスしよう

アパートへの投資とは何か

建物

投資の際に気を付けること

アパート投資は区分マンション投資や駐車場投資などと同じように不動産投資の一つです。大きな利益は見込めませんが、毎月一定の利益を出すことができます。利益の増減の幅が小さいので自身のライフプランを立てやすいです。また、購入する土地と建物を担保に銀行の融資を受けられるので、少ない資金で始めることができます。アパート投資にはメリットが大きですが、気を付けなければならない点があります。それは、アパートの立地です。駅に近いかどうかや周辺にスーパーやコンビニなどの店が立ち並んでいるかによって家賃設定が変わってきます。また、周辺にアパートやマンションがあるかどうかも影響してきます。そのため、立地は慎重に選ぶ必要があります。

投資によるメリットとは

アパート投資には2つのメリットがあります。一つは安定した利益です。アパート投資は入居者からの家賃収入によって、長期的に利益を上げることができます。また、複数の部屋を所有しているので空室があっても他の部屋の家賃収入で補うことができます。例えば、20室のアパートを所有し、そのうちの1室が空室になっても5%の減収で抑えることができます。これがマンションの1室を所有する区分マンション投資の場合だと空室により100%の減収になります。2つめは節税対策です。アパート投資は土地に建物を建築するので、固定資産税を軽減することができます。また、建物や設備の減価償却費用で所得税も同じく軽減できます。そのため、アパート経営は節税対策にも有効であるといえます。